容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

東証大引け、米株高映し4日続伸

  1. 2009/07/17(金) 21:09:15|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
連休前で商い5カ月ぶり低水準

17日の東京株式市場で、日経平均株価は4日続伸。大引けは前日比51円16銭(0.55%)高の9395円32銭と、8日(9420円)以来、7営業日ぶりの水準まで戻した。前日の米市場で企業業績や米景気に対する底入れ機運が高まり、米株式相場が上昇したことを好感した買いに支えられた。もっとも、3連休前だったほか、衆院解散を控えた政局や、来週から発表が本格化する主要企業の4?6月期決算を見極めたいとして様子見気分が台頭。商いが細る中で、上げ幅は限られた。東証株価指数(TOPIX)も続伸。

公募増資が相次ぐなかNECも資本増強を検討していると報じられ、改めて需給悪化に対する警戒感が広がったことも相場の上値を抑えた。NECは朝方に報道を否定するコメントを発表したが、同社株は9%近い大幅安となった。

東証1部の売買代金は概算で1兆246億円と、2月17日(1兆169億円)以来、5カ月ぶりの少なさだった。売買高は16億4389万株で、2週間ぶりの低水準。東証1部の値上がり銘柄数は1030、値下がり数は531、変わらずは138。

野村不HDや三井不、菱地所など不動産株の買いが目立ち、業種別TOPIXでは「不動産業」が上昇率でトップとなった。野村、大和が買われ、セブン&アイ、オリックスが上昇。一時安い場面もあったトヨタとホンダも高く引けた。半面、明電舎、GSユアサが売られ、JFE、ソニーが下げた。マツダ、アドテストもさえなかった。

東証2部株価指数は4日続伸。Jブリッジ、アインファマ、ラオックスが上昇。一方、トーセイ、大黒天、八洲電機が軟調だった。

今日は連休前ということもあって安商いでしたね。来週へ持ち越したくないという面もありますから手堅くいくことが大事だと私自身思っております。
衆議院選や米国企業の決算発表など不安定要素もまだまだありますのでそういったところも踏まえて分析していきたいと思っております。

連休は命の洗濯という形でリフレッシュしてもいいのではないでしょうか。まずはゆっくり心身ともに休養してそれからまた週明けへの英気を養っていければと思っております。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

本日も直近仕込み銘柄爆発!メルマガ会員、残り10名で募集締め切り致します!

  1. 2009/07/17(金) 17:01:34|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
いつもありがとうございます。
スナイパートレード http://kabuocool.com/
です。

━━━━━

【本日の市場概況】
今日の東京株式市場は続伸して始まった。昨日の米国株式市場が
続伸したことを受け、東京株式市場は買いが先行した。
外為市場で円相場が落ち着いた動きとなっていることも買い安心感となった。
日経平均は69円高で始まった後、概ね同水準で推移した。
今晩発表されるバンク・オブ・アメリカとシティグループの決算内容を
見極めたいとする向きや、来週から国内で本格化する4-6月期決算の
発表を確認する必要があるとの声も多く、上値を追う動きにはならなかった。
混迷する政局も相場の重しとなり、今日も躍動感に乏しい相場となった。

後場に入って日経平均はきわめて狭いレンジで小動きとなった。
3連休前ということもあり、売り買いともに見送りムードが強かった。
━━━━━

昨日有料会員様に配信したのは

5銘柄

本日はダウが続伸したことを受けて、日本株も買い優勢の展開の中、
惜しくも利食いポイント達成となる銘柄はなかったものの、仕込みとしては
絶好!
週明けから期待の持てる配信となった!

また、直近仕込み銘柄は次々と爆発し、利食い日和となった。

【最近の配信結果】
●6月18日(木)に配信致しました静岡瓦斯【9543:終値 471円】が
上昇を続け、本日 563円をつけました。
配信株価より119%の上昇を記録しております。

●6月18日(木)に配信致しましたHOYA【7741:終値 1,896円】が
上昇を続け、本日 2,000円をつけました。
配信株価より106%の上昇を記録しております。

●6月19日(金)に配信致しましたUSS【4732:終値 4,890円】が
上昇を続け、本日 5,340円をつけました。
配信株価より109%の上昇を記録しております。

●6月26日(金)に配信致しました平和堂【8276:終値 1,173円】が
上昇を続け、本日 1,219円をつけました。
配信株価より104%の上昇を記録しております。

●7月6日(月)に配信致しました東洋水産【2875:終値 1,970円】が
上昇を続け、本日 2,100円をつけました。
配信株価より107%の上昇を記録しております。

●7月6日(月)に配信致しましたトレンドマイクロ【4704:終値 3,060円】が
上昇を続け、本日 3,210円をつけました。
配信株価より105%の上昇を記録しております。

●7月14日(火)に配信致しましたローソン【2651:終値 3,870円】が
上昇を続け、本日 3,970円をつけました。
配信株価より103%の上昇を記録しております。

●7月14日(火)に配信致しましたリンナイ【5947:終値 3,820円】が
上昇を続け、本日 4,020円をつけました。
配信株価より105%の上昇を記録しております。

※有料会員様との差別化を図るため、直近での上昇銘柄の結果は
控えさせていただき配信しております。
━━━━━
☆☆☆お得情報☆☆☆

初月分無料!1か月分の購読料9,800円で

最大2ヶ月分(7月分、8月分)の爆発銘柄を毎日配信致します!
単純にひと月あたり4,900円という破格です!

▽▽▽詳しくは以下のアドレスから▽▽▽
http://kabuocool.com/

━━━━━

★有料会員の皆様には毎日を基本とし短期上昇銘柄をメールで配信します★

ミクシィID:http://mixi.jp/show_friend.p...=18658673
ザラ場でも日記更新中、マイミクも募集してます!

━━━━━

スナイパートレード http://kabuocool.com/

ポートフォリオ全体のリスクを低減させるには

  1. 2009/07/17(金) 13:43:45|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
さて今日は気分を変えて投資信託についてもピックアップしていきたいと思います。

投資信託を選ぶ際、最近値上がりして人気になっている商品にどうしても目が向かいがちですが、過去の成績(リターン)だけで選ぶと、その後大きく値下がりしてしまうことが珍しくありません。また、似たような商品をいくつも購入してしまい、ポートフォリオ全体のリスクを高めることにもなりかねません。

自分に適した「次の1本」を探すためには、まず自分のポートフォリオの内容を確認し、リスクを低減するためにはどんな資産を加えるべきかを考えるといいでしょう。

長期運用においては、値動きが異なる複数の資産を同時に保有すること(分散投資)によって、ポートフォリオ全体のリスクを小さくすることが重要になります。リスク低減効果が高いと考えられる組み合わせは、図の通りです。

例えば、分配金を目当てに「海外債券型ファンド」を保有している場合、保有額の4分の1から3分の1の金額で「国内株式型ファンド」を新たに購入すれば、ポートフォリオ全体としての一定のリスク低減効果が期待できます。資産運用は未経験で、円預金しか持っていない人なら、「国内株式型ファンド」と「海外債券型ファンド」を同時に投資するか、1本で分散投資ができる「バランス型ファンド」が候補になるでしょう。

投資対象が決まったら「パッシブ型」か「アクティブ型」かなど、運用スタイルで絞り込んでいきます。初めての資産運用で国内株式型の中から選ぶなら、パッシブ型であるインデックスファンドや不動産投資信託(REIT)などが値動きの理由が分かりやすく、取り組みやすいかもしれません。

海外の資産に投資する場合は、対象地域を先進国にするか新興国にするかを考えます。分散投資における債券に期待する第一の役割は、株価下落局面でのポートフォリオ全体の下支えです。海外債券型の中から選ぶ場合は、リスクの小さめな先進国債券ファンドを基本とすべきでしょう。

一方、株式投資にはリターンを求め、高い成長性が期待できるものを中心に置くのがセオリーといえます。運用資産の1?2割程度までなら、新興国株式ファンドを選択するのもいいと思います。

投資対象や運用スタイルを絞り込めたら、該当する具体的な商品について過去のリスクやリターン、コスト、純資産残高などをみていきます。ただし、同じタイプの投信同士で比べないと意味がありません。パッシブ型とアクティブ型では、アクティブ型のほうが運用の手間などをかけている分、当然高コストになっているからです。パッシブ型同士ならばコスト水準が選択時の大きなポイントになります。

このようにポートフォリオのリスクを低減させる事もしっかりと視野に入れて考えていかねばならないと思っております。その根底に分散投資という考え方は常に年頭においておかねばならないと思っております。

貴方の投資は磐石の態勢を築けていますか?
リスクを減らしたいと考えていらっしゃる方にお勧めです⇒http://www.jphatan.com/?244

夏休みのレジャー予算、「減る」が4割以上

  1. 2009/07/17(金) 01:41:43|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
夏休みのレジャー予算、「減る」が4割以上
http://s-url.jp?47159

これから夏休みのレジャーシーズンに突入する前に暗いニュースが出ると若干ショックを隠せませんよね。

かんぽ生命保険が15日発表した、今年の夏休みの過ごし方に関するアンケート結果によると、夏休み中のレジャー予算について「昨年よりも減る」と回答した人が4割以上(43.1%)を占めていることがわかった。一方で「昨年よりも増える」とした人はわずか3.4%にとどまり、景気後退の影響が夏のレジャーに及んでいる様子を伺わせた。

具体的なレジャー予算について尋ねると、一人当たり平均は「3万8749円」。世代別に見ていくと最も高かったのは、20代の「4万5873円」で、反対に30代の「2万9613円」が最少の値となった。

夏休みの計画については、「帰省を含む国内旅行」と答えた人が最も多い52.1%。それに次いだのは、夏休みでありながら「特にない」の33.7%で、その一方「海外旅行」は一桁台の8.8%にとどまった。これを受け同社は、昨今の景気低迷のため、夏休みの過ごし方も質素な傾向にあると分析している。

不景気のあおりを受けてレジャー費削減という選択を迫られてしまうのは仕方のないことなのかもしれないですね。

ただレジャー費を抑えてもしっかりと楽しめる方法があったら知りたいと思いませんか?
詳しくはこちら
http://www.lsso.jp/sales_page.html

DTIブログって?