容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

政投銀の融資枠拡大で合意=日航の資金繰り支援-関係閣僚ら

  1. 2009/12/31(木) 22:16:01|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:37
大みそかということで思い思いに過ごされているのではないでしょうか。今年を振り返って反省すべき点は反省してしっかりと新年を迎えたいものですね。

さて今日はJALのニュースをピックアップ☆
http://headlines.yahoo.co.jp...4-jij-pol
日本航空の経営再建問題をめぐり、前原誠司国土交通相、菅直人副総理兼国家戦略担当相、日本政策投資銀行と企業再生支援機構の首脳らが31日、都内で会談した。機構が法的整理の検討に入ったことで信用不安が高まり、日航の資金繰りが厳しくなっている。このため、機構が支援の可否を決めるとみられる1月中旬までの間、政投銀による無担保無保証の融資枠拡大により対応することで合意した。
政投銀は現在、日航に対して1000億円の融資枠を設定しており、既に約550億円の融資を実行している。前原国交相は会談後、記者団に対し「残りの450億円に加え、さらに枠を増やしてもらう」と説明。「政府は日航の運航に支障を来さないように万全を期す」と強調した。
枠拡大の規模について政府側は1000億円程度を求めているもよう。関係閣僚が1月3日に首相官邸で再度協議し、具体的な額を詰めて正式発表する。前原国交相は、機構が支援を決めた後に融資に対する保証を行う可能性についても「議論した」と明らかにした。
迷走を続けるJALですが大みそかの今日も思った進展もなくすっきりとした形で年越しとはいきませんね。新年早々課題もありますがしっかりとした形で決着してくれればと思っております。

GM金融会社を国有化=3500億円追加注入-米財務省
http://headlines.yahoo.co.jp...3-jij-int
米財務省は30日、自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)の金融関連会社GMACに対し、資本増強のため38億ドル(約3500億円)の公的資金を追加注入すると発表した。また、これまでの公的資金注入の見返りに受け取っていた優先株30億ドルを普通株に転換し、政府持ち株比率を56%に引き上げる。
米政府が過半数株を所有する事実上の国有化に踏み切るのは、金融危機で経営が悪化した保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)やGMなどに次ぐ措置。GMACは銀行持ち株会社に移行しており、同省は「資本の質を高めることが狙い」と指摘した。
GMの再建に向けてこういった新しい施策もスタートしていくことでしっかりと再建をしていくということでしょう。公的資金も注入することで何とか再建していこうということでしょうね。

大納会の東京株終値、1万0546円44銭 3年ぶりに前年末上回る→http://headlines.yahoo.co.jp...n-bus_all
今年最後の取引となる大納会を迎えた30日の東京株式市場は、売り買いが交錯するもみ合いとなり、日経平均株価の終値は前日比91円62銭安の1万0546円44銭だった。世界的な金融危機の影響を受けた昨年の大納会の終値と比べると、1686円88銭も上がっており、年間上昇率は19%だった。前年末の株価を上回ったのは3年ぶり。
東証1部全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は、同8・28ポイント安の907・59。今年の大納会では、午前の取引で終わる慣例が廃止され、通常通りに午後の取引も行われた。
この日は為替相場が1ドル=92円台の円安に振れたことなどから、日経平均は一時的に1万0700円台を回復し、取引時間中の年初来高値を4カ月ぶりに更新した。しかし、今年最後の取引で利益を確定するための売り注文もあり、上値は重かった。
今年の日経平均は年初から下落し、3月10日の終値は26年ぶりの低水準となる7054円となり、バブル後の最安値を更新した。その後は政府の経済対策や世界的な景気回復期待などから株価は上昇し、8月26日に終値の年初来高値となる1万639円71銭をつけた。ただ、秋以降はそれ以上に株価が上昇することはなく、1万円をはさんで低調に推移していた。
昨日の大納会ということでしっかりとした形で最終的に引けたということではないでしょうか。今年は後場も取引が行われたことも一つしっかりとした取引に繋がったのではないでしょうか。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

東証大引け、小幅続伸 米株高・円安支えも高値更新ならず

  1. 2009/12/30(水) 00:41:08|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:1
明日一日を残しての取引となっておりますが、2009年悔いのない形で締めくくれるようにしていきましょう。

さて今日の東京市場を振り返ってみましょう。

29日の東京株式市場で日経平均株価は小幅に続伸。前日比3円83銭(0.04%)高の1万0638円06銭と、年初来高値(1万0639円)を付けた8月26日以来、約4カ月ぶりの水準で終えた。クリスマス休暇明けの米株式相場が6日続伸したことや円安傾向などを支援材料にやや買いが優勢だった。ただ、高値警戒感から利益確定売りも出て、高値更新はならなかった。東証株価指数(TOPIX)は小幅に続伸し、9月25日以来、約3カ月ぶりの高水準で終えた。

米株高や円安など外部環境の好転が引き続き支援材料となった。日経平均は年初来高値の水準を上回って推移する場面もあった。ただ、足元の急ピッチな上昇を警戒した売りも出た。このところの株高をけん引したハイテク株の一角が下げたほか、銀行株も売られ、指数の上値を抑えた。

業種別東証株価指数(TOPIX、全33業種)は22業種が上昇した。小売業や不動産、卸売業の上昇が目立った。半面、空運や海運、銀行が下げた。

東証1部の売買代金は概算で1兆544億円。売買高は15億7131万株。東証1部の値上がり銘柄数は全体の54%にあたる905銘柄、値下がりは630銘柄、変わらずは148銘柄だった。

ファストリ、イオン、ユニーが上昇。三井物、三菱商、住友商が高い。新日鉄、住金、トヨタ、日産自も買われた。三井不、菱地所、住友不が上げた。半面、一部報道で「資本増強を検討」と伝わった三井住友FGが軟調。三菱UFJ、みずほFGも下げた。京セラ、アドテスト、ソニー、シャープが安い。郵船、商船三井、川崎汽が下落。

東証2部株価指数は7日続伸。7月14日から27日までの9日続伸以来の連騰となった。ラオックス、FDK、トーセイ、不二サッシが上げた。半面、大幸薬品、バナーズ、中央電が下げた。

米株高の勢いそのままに株高を牽引したといった形ですね。もちろん銘柄によっては下落銘柄もあり一進一退の攻防が続いていますが、明日を最後のしっかりと今年最後の取引を締めくくれるようにしていきましょう。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

【2010年市場展望】物色テーマに「外需ディフェンシブ銘柄」

  1. 2009/12/29(火) 12:24:05|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
今日はまだ後二日取引日を残していますが、来年の有望銘柄のニュースをピックアップ☆

2010年の株式市場の物色対象や有望テーマは何か――。市場では業績の下振れリスクが小さいディフェンシブ性と、海外進出で外需の恩恵も受けられる双方の長所をあわせもった消費財企業への注目度が高くなる、との見方が出ている。

三菱UFJ証券とみずほインベスターズ証券はともに、海外の旺盛な需要を取り込んで業績拡大を狙うヤクルト本社、ユニ・チャームなどの消費財企業を2010年の注目株にとり上げた。両銘柄ともどちらかといえば内需に依存し、景気変動の影響が小さいディフェンシブ株として受け止められているが、一方で海外に営業網を広げている点に着目し、外需型のディフェンシブ銘柄と位置づけた。

証券2社がほかに挙げたテーマは「発光ダイオード(LED)」。エネルギー使用効率の改善を求める企業の対象を広げる改正省エネ法の来年4月の施行を控え、LED照明を導入する企業が増えている。LED素子を製造する豊田合成、製造装置メーカーの大陽日酸などを注目銘柄としている。

三菱UFJ証券が「デフレ環境下の好調企業」として、低価格の商品販売で業績を伸ばすドン・キホーテ、ニトリなどを挙げた。みずほインベスターズ証券は2月のバンクーバー冬季五輪、6?7月のサッカー・ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会といったスポーツイベントに注目する。ミズノなどのスポーツ用品メーカー、サッカー日本代表チームの支援企業であるキリンホールディングスなどを挙げている。

2010年に注目の主な投資テーマと関連銘柄
投資テーマ 関連銘柄
アジア展開を進めるディフェンシブ銘柄
ヤクルト本社(2267)、ユニ・チャーム(8113)

発光ダイオード(LED)
豊田合成(7282)、大陽日酸(4091)

デフレ環境下の好調企業
ドン・キホーテ(7532)、ニトリ(9843)

低炭素社会の重要デバイス(モーター、二次電池)
日本電産(6594)、日本ガイシ(5333)

ネットビジネス
ディー・エヌ・エー(2432)、サイバーエージェント(4751)

【みずほインベスターズ証券】
投資テーマ 関連銘柄
外需ディフェンシブ銘柄
ヤクルト本社(2267)、ユニ・チャーム(8113)

発光ダイオード(LED)
豊田合成(7282)、大陽日酸(4091)

バンクーバー冬季五輪
ミズノ(8022)、デサント(8114)

サッカーW杯南アフリカ大会
キリンホールディングス(2503)、ファミリーマート(8028)

羽田空港の国際機能強化
日本空港ビルデング(9706)、京浜急行電鉄(9006)

大手二社はこういった銘柄をピックアップということで様々な処から今後も有望銘柄情報が出てくるでしょうね。しっかり情報収集と分析をしていく年末年始になりそうですが正月はメリハリをつけて有効活用していければと思っております。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

東証大引け、反発 4カ月ぶり水準で高値に迫る 「生産」改善で

  1. 2009/12/29(火) 02:04:07|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
残すところあと2日の取引となっていますが、ここにきて久しぶりの高水準まで日経平均も持ち直してきていますね。

そんな東京市場を振り返ってみましょう。

28日の東京株式市場で、日経平均株価は反発。大引けは前週末比139円52銭(1.33%)高の1万0634円23銭と、年初来高値(1万0639円)をつけた8月26日以来、約4カ月ぶりに1万0600円台に乗せた。外国為替市場で円高修正の動きが続いているほか、寄り付き前発表の11月の鉱工業生産速報が大幅改善を示し、投資家心理が強気に傾いた。東証株価指数(TOPIX)も反発した。

11月の鉱工業生産は前月比2.6%上昇し、市場予測の平均値(2.4%上昇)を上回った。併せて発表した製造工業生産予測調査では12月や2010年1月も上昇する見込みで、好調な生産を背景とした企業収益の改善期待が拡大。幅広い銘柄に買いが優勢となり、年初来高値を上回る場面もあった。

一方、休暇中の海外投資家が多いために売買高は低調だった。東証1部の売買代金は概算9489億円、売買高は同14億5713万株にとどまった。東証1部の値上がり銘柄数は980と、全体の6割弱を占めた。値下がりは534、横ばいは167銘柄だった。

大手電機の日立や東芝、NECが上げ、日産自が年初来高値を更新した。新日鉄や住金など鉄鋼株に上昇する銘柄が目立ち、郵船や商船三井が買いを集めた。生産能力の削減を発表した新日石や新日鉱HDは堅調に推移した。一方、みずほFGなど3大銀グループはそろって下落。レナウンや一パンなど前週末ににぎわった銘柄が反落した。野村が下げ、日写印の値下がりが目立った。

東証2部株価指数は6日続伸。ラオックスと価値開発が上げ、アインファマと大黒天が下げた。

比較的幅広い銘柄が値を上げる展開となり、薄商いの中でもしっかりと利益確定が望めた展開ではないでしょうか。明日あさってと残すところ二日ですからしっかりと取引される方は気を抜かずに頑張っていきましょう。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

.日航再建、法的整理を検討 支援機構が私的整理と2案提示

  1. 2009/12/29(火) 01:18:53|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
今年も残すところあと4日となり年の瀬といった感じになってきましたね。年越しの準備など含めてしっかりとやり残しのないようにしていきたいものですね。

さてまずはJALのニュースをキャッチ☆
http://headlines.yahoo.co.jp...n-bus_all
日本航空の経営再建問題で、同社が支援要請している官民出資の「企業再生支援機構」が、法的整理による再建を検討していることが28日、分かった。
日航や日本政策投資銀行など主力銀行団に伝えたもようだ。政府内には、運航に支障が出かねない法的整理に慎重な意見が強いが、支援機構は、透明性の高い手法で、債務の圧縮などが行える法的整理も選択肢としている。
これまでの再建案では、銀行団の債権放棄による私的整理を軸に検討してきた。今後、支援機構は銀行団や政府と調整しながら、私的整理と法的整理のどちらの方が、再建が確実になるか検討を進める方針。その上で、来年1月にも日航に対する支援を正式に決める方針だ。
日航の再建をめぐっては、最大の焦点である企業年金の減額で、3分の2以上のOBの同意を得る作業を進めている。日航はOBに年金支給額を30%強削減する案を提示。来年1月12日までの回答を求めている。
年金減額は、支援機構による出融資など公的資金の活用の前提条件。同意が得られなかった場合、政府は特別立法による強制減額の措置を検討している。支援機構も自助努力による年金減額に失敗すれば、法的整理を強く求める可能性がある。
日航再建は年をまたいでの形となりいまだ迷走を続けますね。日航関係者はすっきりした形での年越しができずになんとも言い難い年末年始といったところでしょうか。

ソフトバンクモバイル、2010年元旦から「お父さんグッズ福袋プレゼント」開始→http://headlines.yahoo.co.jp...8-rbb-sci
ソフトバンクモバイルは28日、2010年新春特別企画「お父さんグッズ福袋プレゼント」を発表した。
ソフトバンクへ新規加入したユーザを対象に福袋を配布するキャンペーンで、2010年1月1日より全国のソフトバンクモバイル取扱店で開始(一部を除く)。福袋には、「お父さんクリップストラップ」「お父さんレジャーマグカップ」などのお父さんグッズのほか、ソフトバンクロゴが付いた「トートバッグ」や「ポケッタブルリュック」など、合計3種類のグッズが含まれる。全国で約10万個を用意したとのこと。プレゼント企画は、福袋の在庫がなくなり次第終了する。
なお、法人回線、プリペイド回線、ディズニー・モバイル回線、モバイルデータ通信専用端末での契約、フォトビジョンでの契約、携帯電話本体の購入をともなわない契約は対象外となる。
人気のお父さんグッズとなるとやはり集客力は見込めるといったところですね。斬新なCMや新しい試みなどソフトバンクにはあっぱれとしか言いようがないですが携帯業界での今後の躍進を期待したいところですね。

吉野家、期間限定で値下げ並300円に 安値合戦で我慢できず→http://headlines.yahoo.co.jp...n-bus_all
牛丼チェーン「吉野家」を運営する吉野家ホールディングスは28日、来年1月11日?21日までの11日間の期間限定で牛丼と牛鮭定食の価格を80円引きで販売すると発表した。並盛りが380円から300円になる。ライバルの「すき家」や「松屋」などが相次いで値下げに踏み切る中、吉野家は定価は据え置き、期間限定値下げを定期的に実施することで対抗する。
吉野家によると、松屋が並盛りの定価を60円下げて320円にした今月3日以降、都心の隣接店の客数が2%減ったという。さらに7日からすき家が業界最安値の280円に引き下げると、郊外店で5%の影響が出たという。
このため、吉野家も限定値下げで集客のてこ入れが必要と判断した。ただ、当面は定価の引き下げは行わない方針。「期間限定のキャンペーンで対応する。今回のキャンペーンで取り戻せる」(企画本部)としている。
吉野家は味へのこだわりから、割高な米国産牛肉を使用しており、恒常的な値下げは困難だったとみられる。
やはり吉野家も値下げ合戦に参加する形になりましたね。牛丼チェーンといえばといった形での値下げ合戦となるとやはりデフレが進行していると思わざるをえないといったところでしょうね。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

DTIブログって?

次のページ