容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

株式週間展望=突破口は政策関連株、景気後退入りの「先を読む」―不動産・建設がけん引

  1. 2012/09/30(日) 22:53:30|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
今年も残すところ三ヶ月といったところまできましたね。台風の接近などで各地で被害も出ていますのでしっかりと自分自身で対策を講じていくことが必要不可欠です。

さて今日は週明けの株式市場の動向をチェックしていきましょう!

<日経平均も“粘り腰”に>

 突破口は、政策関連を軸とする内需株――。名実とも10月相場に入る来週(10月1−5日)は、株式市場を覆う膠(こう)着ムードを乗り切るこうした相場的な“処方せん”にマーケットの注目度が一段と高まるだろう。9月28日に経済産業省が発表した8月の鉱工業生産指数(速報値)は前月比1.3%低下し、2カ月連続のマイナス。基調判断も「弱含み傾向」(従来は「横ばい傾向」)に修正され、景気後退局面入りの可能性が高まってきた。こうなると、デフレ色の強まりや政権交替期待とも相まって、先読みを争う株式市場では今後、追加の金融緩和策を含む政策先取りの動きが強まっていく。政策に乗る銘柄にウエートをかけることが、パフォーマンスを上げる近道だ。

 景気減速や政治的緊張でマーケットに渦巻く「中国不安」に加え、28日に発表された日本の8月・鉱工業生産指数(速報値)は事前の市場予想平均の前月比0.4%減を超える1.3%減(前年同月比では4.3%減)と2カ月連続でマイナスを記録し、国内景気の変調懸念が強まってきた。

 同時に公表された製造工業生産予測調査の9月分は前月比2.9%の低下。10月も同プラス・マイナスゼロ予想と修復せず、エコノミストの間からは「国内景気の後退局面入りは確定的」との声が上がっている。

 また、同日に総務省が発表した9月の東京都区部の消費者物価指数は生鮮食品を除くベースで前年同月比0.4%下落。8月の全国の消費者物価指数は同0.3%下落した。全国の指数のマイナスは、これで4カ月連続となり、デフレ色は弱まるどころか、再び鮮明になっている。

 こうした“負の数値”は、ただでさえ、10月以降の相場見通しに対して「警戒論が優勢」(9月28日付、株式新聞1面)である投資家心理をいっそう冷え込ませかねない、との見方は有力だ。

 しかし、相場を展望する上で注意したいのは、足元の景気・物価動向=株価動向ではなく、たえず一歩も二歩も先を読みながら相場が動き続ける、という点だ。足元の状況が厳しくとも、仮に数カ月先に実態好転の光明が見えるなら、貪欲なまでに材料の“先食い”に走る。

 1日朝に発表の日銀短観(9月調査分)では、企業マインドの悪化が改めて浮き彫りになるだろう。しかし、よほどネガティブな数値でない限り、既に株価はそれをかなり織り込んでいる。もし、「知ったら終(しま)い」(相場格言)という相場反応が起こるなら、それは景気立て直しに向けた政策効果の先取りを示唆するもの。

 9月19日午後の発表後、わずか半日で「賞味期限切れ」になって再下降した日経平均だが、75日移動平均線どころで下げ止まったのは、デフレ脱却と大胆な金融緩和策を主張している安倍晋三・元首相が26日の自民総裁選で第25代総裁として選ばれ、事実上、次の総選挙後の「首相」最有力候補となったことも大きい。

 確かに、中国問題はもちろん、くすぶり続けるギリシャ、スペインなど南欧問題、米国のいわゆる「財政の崖(がけ)」問題など気掛かり材料はある。が、来週は国内の景気対策に絡む銘柄やセクターで突破口を模索する強めの動きが出てくるだろう。

 業種別日経平均で08年6月当時の水準に達している建設と、今年3月高値に接近した不動産がリード役。復興と金融緩和関連という二枚看板で光るシンボルセクターでもある。これを通信、食品、小売がフォローする内需主導の展開か。日経平均は粘り腰を発揮しそうだ。

こういった形で政策関連と諸外国の動向をみながらの取引になることは言うまでもありませんのでしっかりとリスクヘッジを行いながらセクター毎に狙いを定めて投資していくことが必要不可欠ですね。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

10日配信のプレス工業【7246】が配信後わずか5日で短期で13%の上昇達成!

  1. 2012/09/18(火) 22:54:26|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
10日配信のプレス工業【7246】が配信後わずか5日で短期で13%の上昇達成!

いつもありがとうございます。
スナイパートレード http://kabuocool.com/
です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【本日の市場概況】
18日の東京株式市場で日経平均株価は4営業日ぶりに反落した。
終値は前週末比35円62銭(0.39%)安の9123円77銭と、きょうの
安値圏で引けた。
満州事変の発端となった柳条湖事件から81年目を迎え中国各地で
反日デモが広がるなど地政学的リスクの高まりが投資家心理を冷やした。
もっとも、日銀の金融政策決定会合の結果発表をあすに控え、
一方的に下値を売り込む動きは乏しかった。

中国での販売・生産比率が相対的に大きいファストリや日産自が商いを
伴って売られ、相場の重荷となった。
特にファストリは1銘柄で日経平均を52円押し下げた。
「日中関係の悪化は長期的な課題となりそうで、中国への収益依存度の
高い銘柄の持ち高を見直す売りは続く可能性がある」という。
日経平均は前週末にかけての3営業日で約350円上昇したこともあり、
日銀の会合結果発表を控えて持ち高を調整する目的の売りも出た。
外国為替市場で円相場は対ドルで前週末に比べ下落したものの、
地政学的リスクの高まりが要因との見方も多く、輸出株の支えとは
ならなかった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨日有料会員様に配信したのは

3銘柄

本日は昨日の米国市場が小幅に値を下げたことや中国の反日デモ警戒、
明日の日銀政策金利決定会合を控えている要因から中国関連株を中心に
売り込まれ日経平均を押し下げる展開となる中、昨日配信の3銘柄中
1銘柄が寄り付きより力強い動きで右肩上がりに上昇し2%の上昇達成!
残りの2銘柄は惜しくも利食い達成とはならなかったものの
仕込みとしては絶好。
明日から期待の持てる配信となった。



【今日のPick Upスナイパー銘柄】
本日のPick Up銘柄は今月7日に配信したサンケン電気【6707】です。

半導体の不振で直近大きく売り込まれていましたが、電源ユニットは、
不振のテレビ向けから付加価値高い医療用等にシフトしテコ入れしており
業績寄与。
スナイパートレードの会員様に配信してからはすでに5%の上昇をはたして
いますが、今期大きく業績も回復が見込まれており、まだまだ上値余地は
あるような気がします。

※無料メルマガをご覧の方はここからの売買は自己責任でお願いします。

爆発前の優良株を知りたい方は是非有料メルマガへのお申し込みを
お待ちしております!
全力でサポート致します。

▼▼▼▼
http://kabuocool.com/



【最近の配信結果】
●9月4日(火)に配信致しました国際石油開発帝石【1605:終値 438,000円】が
上昇を続け、本日 504,000円をつけました。
配信株価より115%の上昇を記録しております。


●9月6日(木)に配信致しました住友商事【8053:終値 1,022円】が
上昇を続け、本日 1,128円をつけました。
配信株価より110%の上昇を記録しております。


●9月7日(金)に配信致しましたサンケン電気【6707:終値 245円】が
上昇を続け、本日 256円をつけました。
配信株価より105%の上昇を記録しております。


●9月7日(金)に配信致しました大正製薬HD【4581:終値 6,250円】が
上昇を続け、本日 6,380円をつけました。
配信株価より102%の上昇を記録しております。


●9月10日(月)に配信致しましたプレス工業【7246:終値 322円】が
上昇を続け、本日 364円をつけました。
配信株価より113%の上昇を記録しております。


●9月10日(月)に配信致しましたジーテクト【5970:終値 1,747円】が
上昇を続け、本日 1,794円をつけました。
配信株価より103%の上昇を記録しております。


●9月12日(水)に配信致しました島津製作所【7701:終値 540円】が
上昇を続け、本日 565円をつけました。
配信株価より105%の上昇を記録しております。


●9月12日(水)に配信致しました日立化成工業【4217:終値 1,133円】が
上昇を続け、本日 1,179円をつけました。
配信株価より104%の上昇を記録しております。


●9月12日(水)に配信致しましたテレビ朝日【9409:終値 111,100円】が
上昇を続け、本日 114,000円をつけました。
配信株価より103%の上昇を記録しております。

※有料会員様との差別化を図るため、直近での上昇銘柄の結果は
控えさせていただき配信しております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             ☆☆☆お得情報☆☆☆
初月分無料!1か月分の購読料9,800円で

最大2ヶ月分(9月分、10月分)の爆発銘柄を毎日配信致します!
単純にひと月あたり4,900円という破格です!


       ▽▽▽詳しくは以下のアドレスから▽▽▽
           http://kabuocool.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

DTIブログって?