容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

◆日銀の金融緩和で材料出尽くし。後場売りに転じる。

  1. 2012/10/30(火) 23:48:39|
  2. 株式投資|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
◆日銀の金融緩和で材料出尽くし。後場売りに転じる。

いつもありがとうございます。
スナイパートレード http://kabuocool.com/
です。

※今月の有料メルマガ会員は定員に達しましたので募集を締め切りと
させていただきました。ありがとうございます!
再募集については、11月1日(木)より再開とさせていただきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【本日の市場概況】
30日の東京株式市場で日経平均株価は3日続落した。
大引けは前日比87円36銭(0.98%)安の8841円98銭ときょうの安値で
引け、17日以来、半月ぶりの安値水準となった。
日銀は大引け直前に、きょう開かれた金融政策決定会合で追加金融緩和を
決めたと発表。
発表後の外国為替市場で1ドル=79円台前半まで円高・ドル安が進んだ
ことを受けて、日本株も輸出関連株中心に売りが膨らんだ。
緩和期待で物色されてきた不動産株も売られ、東証REIT指数も
7日ぶりに反落した。

市場では「ここまで追加緩和期待で上昇してきたこともあって、緩和内容に
関わらず材料出尽くし感から利益確定売りが先行した」との見方が多い。
会合結果の発表時間が通常より遅れたことで「市場に大胆な緩和に
踏み切るとの意識を与えてしまい、失望感が出やすくなった」との指摘もあった。

日銀は今回の追加緩和で資産買入等基金を11兆円増額。
上場投資信託(ETF)の購入枠を5000億円、不動産投資信託(REIT)
を100億円増やした。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨日有料会員様に配信したのは

0銘柄

本日は先週末の米国市場が休場となったが、日本株は朝の段階で為替相場で
円安方向に振れていたことから小幅に堅調な動きとなっていたが、日銀の
政策会合発表後、材料出尽くし感が広がり急落する展開となった。
昨日配信の銘柄は0銘柄。


【今日のPick Upスナイパー銘柄】
本日のPick Up銘柄はありません。

本日は、午後に日銀より追加の金融緩和が発表されたところから大きな
サプライズがないと材料出尽くしで売り込まれるということは分かって
いましたので、ここ数日有料会員様に向けても配信をストップしていました。

内容的には積極的なニュアンスと言いつつも予想されていた内容とほぼ
変わらず、どこか小出し小出しな緩和政策であると言ったところでしょうか。

今日は後場からは売られる展開となりましたが、明日以降で売りでも買いでも
新たなトレンドが生まれるはずですからそこから乗っても遅くはないでしょう。

爆発前の優良株を知りたい方は是非有料メルマガへのお申し込みを
お待ちしております!
全力でサポート致します。

▼▼▼▼
http://kabuocool.com/



【最近の配信結果】
●10月3日(水)に配信致しましたカシオ計算機【6952:終値 568円】が
上昇を続け、本日 632円をつけました。
配信株価より111%の上昇を記録しております。


●10月9日(火)に配信致しましたセイコーHD【8050:終値 211円】が
上昇を続け、本日 219円をつけました。
配信株価より104%の上昇を記録しております。


●10月11日(木)に配信致しましたEPS【4282:終値 215,900円】が
上昇を続け、本日 243,500円をつけました。
配信株価より113%の上昇を記録しております。


●10月16日(火)に配信致しましたサンドラッグ【9989:終値 2,768円】が
上昇を続け、本日 2,973円をつけました。
配信株価より107%の上昇を記録しております。


●10月18日(木)に配信致しましたKIMOTO【7908:終値 408円】が
上昇を続け、本日 430円をつけました。
配信株価より105%の上昇を記録しております。


●10月22日(月)に配信致しました日東工業【6651:終値 1,218円】が
上昇を続け、本日 1,267円をつけました。
配信株価より104%の上昇を記録しております。

※有料会員様との差別化を図るため、直近での上昇銘柄の結果は
控えさせていただき配信しております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             ☆☆☆お得情報☆☆☆
初月分無料!1か月分の購読料9,800円で

最大2ヶ月分(10月分、11月分)の爆発銘柄を毎日配信致します!
単純にひと月あたり4,900円という破格です!


       ▽▽▽詳しくは以下のアドレスから▽▽▽
           http://kabuocool.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式週間展望=悪材料織り込み地合い好転、日銀金融政策決定会合が焦点―波乱展開も押し目買いで対処

  1. 2012/10/27(土) 17:31:28|
  2. 株式投資|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
今日はビュッフェランチで打ち合わせといつもとは違った時間の使い方ができていい気分転換ができた気がしますね。

さて今日は週明けの株式市場の動向をチェックしていきましょう。

26日の東京株式市場では日経平均株価が122円安の8933円と反落、安値引けとなった。週末要因で見送りムードが強まる中、円相場が1ドル=80円割れとなり売りが優勢となった。ただ、ファナック <6954> 、キヤノン <7751> が市場予想を下回る業績計画を発表したものの、両銘柄ともに下値は限られ、全般への影響も軽微にとどまった。また、食品、薬品、小売などの中小型株を中心に年初来高値銘柄数は62に達し、個別銘柄への物色意欲は衰えていない。重要イベントを控え、全般は波乱場面も予想されるが、本格化する決算発表の内容から銘柄の選別を進めたい。

 来週(10月29日−11月2日)の株式相場を占う上で最大の焦点となるのが30日に開かれる日銀の金融政策決定会合。「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」で経済見通しを公表するが、2014年度の消費者物価指数上昇率が政策目標である1%の「目途(メド)」に届かない公算が大きいため、追加の金融緩和策を打ち出すとの見方が大勢を占めている。現状維持を予想する関係者はほとんどなく、既に緩和内容に関心が移っている。市場が想定する緩和策の最大公約数的な内容は、資産買入等基金の10兆円程度の増額、上限が迫っているETF(上場投資信託)、JーREIT(上場不動産投信)の買い入れについても増額を予想。また、日銀の公表文で、デフレ脱却に向け踏み込んだ表現への変化があるかどうかも重要なポイントとなってくる。

 このコンセンサスに近い内容となれば、これまで期待先行で上昇してきた分、いったんは材料出尽くしとなることを想定したい。2月の「サプライズ緩和」時には、円相場が1ドル=76円台から84円台まで一気に円安が進んだ。これに連動し、株式相場も急騰した経緯がある。現在は1ドル=80円台と7月以来、約3カ月半ぶりの円安水準にあるが、当時の日経平均も9000円台で今後、相場が上値を試すにはもう一段の円安が条件となってきそう。

 もっとも、強い地合いの背景には金融緩和にとどまらない変化も見られる。東証が25日に発表した10月第3週(15−19日)の投資主体別売買動向(3市場など合計)では、外国人投資家が2週ぶりに買い越しに転じ、買い越し額は1546億円と3月第4週(1845億円)以来、約7カ月ぶりの高水準を記録した。15日は日経平均が7連騰を記録した起点となった日であり、海外投資家の日本株買いが上昇の原動力となった。米国株式などに比べ出遅れ感の強い日本株に着目した長期資金の流入も観測されており、短期資金による為替連動型の売買とは一線を画す動きとも読める。

 また、本格化する決算発表に対しても、悪材料はかなり織り込まれてきた。下方修正を発表した日本電産 <6594> 、任天堂 <7974> の株価が25日の市場で高く終了したことは、打たれ強くなった地合いの象徴といえる。構造的に競争力を失った感のある業績悪は別にして、中国リスク、円高などによるマイナスの影響は織り込みが進んでいると判断できよう。来週の決算発表では29日のホンダ <7267> 、30日のコマツ <6301> 、31日のパナソニック <6752> 、TDK <6762> 、11月1日のソニー <6758> などが焦点。

 一方、海外スケジュールでは11月1日の10月中国製造業PMI、10月の米ISM製造業景況感指数、そして2日の10月米雇用統計が大きなポイント。米国では6日に大統領選挙を控え、中国でも8日に共産党大会が開かれ政権が移行する。こうしたタイミングでの経済統計だけに注目度が高まろう。

 日経平均は来週、波乱含みも予想しておきたい。ただ、基本線としては下値は75日移動平均線の8800円台を想定、上値は200日線の9058円を回復し、チャート上のフシが多い9100−9200円ゾーンを抜けるかどうかが焦点。物色は決算内容を吟味し好決算銘柄の押し目買いで臨みたい。

こういった形で決算発表を尻目にどういった形でリスクヘッジをしながら投資をしていくのかが肝心ですね。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

◆5日配信のニューフレアT【6256】がわずか6営業日で10%の上昇達成!

  1. 2012/10/16(火) 23:30:14|
  2. 株式投資|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2
◆5日配信のニューフレアT【6256】がわずか6営業日で10%の上昇達成!

いつもありがとうございます。
スナイパートレード http://kabuocool.com/
です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【本日の市場概況】
16日の東京株式市場で日経平均株価は続伸した。
終値は前日比123円38銭(1.44%)高い8701円31銭となった。
9日(8769円)以来、1週間ぶりに8700円台を回復した。
前日の米国株式相場の上昇と円高の一服感を好感して輸出関連株を中心に
買いが優勢となった。
ソフトバンクが急反発したことも株価指数の押し上げにつながった。

前日の米国で発表された9月の小売売上高が市場予想を上回ると景気の
先行きに対する不安感がやや後退。
ダウ工業株30種平均が100ドル近く上昇したうえ、ドルが買われたことで
円高修正が進むと日本株にも買いが波及した。
午後に入り円が約1カ月ぶりの円安・ドル高水準となる78円91銭近辺まで
売られ、株式買いに弾みが付いた。

海運や鉄鋼、化学といった最近まで下げが目立っていた景気敏感株の
上げが目立った。
ただ「積極的に買い上がる動きは見られず、買い戻しの域は出ていない」
との指摘も多かった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨日有料会員様に配信したのは

3銘柄

本日は昨日の米国市場が上昇したことを受けて、日本株もこれまで売り
込まれていた輸出関連株を中心に買いが入る展開となる中、昨日配信の
3銘柄は惜しくも利食い達成とはならなかったものの仕込みとしては絶好。
週明けから期待の持てる配信となった。


【今日のPick Upスナイパー銘柄】
今月頭から完全に下値模索の動きを見せていたことから直近の配信銘柄を
だいぶ絞って配信していましたので、無料メルマガの配信もストップして
おりました。
無料メルマガが届かない日が続いたときは、「今は買いではないんだな」と
覚えておいて頂ければと思います(笑)
さて、本日のPick Up銘柄は今月5日に配信したニューフレアテクノロジー
【6256】です。

すでに配信後からは10%以上の上昇をしていますが、ここが製造している
マスク描画装置というものが非常に他社が真似できないような機械になって
おり、需要も拡大傾向にあることからまだまだ上昇余地はあるとみています。
このようなオリジナル・独占的開発力を持っている企業はやはり更なる
成長期待もありますし、相場全体が弱い中、反比例して上昇します。
ここからは、もちろん押し目を切り上げながらということもありますが、
日経平均が反発の兆しをみせているので、しばらくはこのまま強気での
上昇も十分に考えられます。


※無料メルマガをご覧の方はここからの売買は自己責任でお願いします。


爆発前の優良株を知りたい方は是非有料メルマガへのお申し込みを
お待ちしております!
全力でサポート致します。

▼▼▼▼
http://kabuocool.com/



【最近の配信結果】
●9月24日(月)に配信致しましたウエルシアHD【3141:終値 2,481円】が
上昇を続け、本日 2,652円をつけました。
配信株価より107%の上昇を記録しております。


●10月3日(水)に配信致しました日産化学工業【4021:終値 862円】が
上昇を続け、本日 923円をつけました。
配信株価より107%の上昇を記録しております。


●10月4日(木)に配信致しました日本航空電子工業【6807:終値 638円】が
上昇を続け、本日 655円をつけました。
配信株価より103%の上昇を記録しております。


●10月4日(木)に配信致しました黒田電気【7517:終値 908円】が
上昇を続け、本日 930円をつけました。
配信株価より102%の上昇を記録しております。


●10月5日(金)に配信致しましたオムロン【6645:終値 1,508円】が
上昇を続け、本日 1,573円をつけました。
配信株価より104%の上昇を記録しております。


●10月5日(金)に配信致しましたニューフレアテクノロジー【6256:終値 637,000円】が
上昇を続け、本日 701,000円をつけました。
配信株価より110%の上昇を記録しております。


※有料会員様との差別化を図るため、直近での上昇銘柄の結果は
控えさせていただき配信しております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             ☆☆☆お得情報☆☆☆
初月分無料!1か月分の購読料9,800円で

最大2ヶ月分(10月分、11月分)の爆発銘柄を毎日配信致します!
単純にひと月あたり4,900円という破格です!


       ▽▽▽詳しくは以下のアドレスから▽▽▽
           http://kabuocool.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式週間展望=業績不安と株価指標が綱引き―日経平均は8300円台への下ブレも、物色は内需の中・小型株

  1. 2012/10/13(土) 20:45:12|
  2. 株式投資|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
株式週間展望=業績不安と株価指標が綱引き―日経平均は8300円台への下ブレも、物色は内需の中・小型株

週末は天気もよく、レジャーにはもってこいの土日といった感じですね。
私も知人が尋ねてきて旧交を温めるいい時間となりました。

さて今日は週明けの株式市場の動向についてチェックしていきましょう。

来週(15−19日)の東京株式市場は、日経平均株価8500円台を中心としたもみ合い相場となりそうだ。決算発表が本格化している米国の7−9月期業績は、前年同期比2%前後の減益というのが市場コンセンサス。個別企業で市場予想を大きく下回ったりして株価が急落したりすると、日本株にも多大な悪影響を及ぼす可能性もある。近く今3月期第2四半期累計(4−9月)の決算発表が本格化してくる中で、日本企業の業績不安、収益下方修正懸念が強まっているからだ。

 為替を含めた外部要因からショック安がマーケットを走った場合、日経平均は8300円程度までの下落は覚悟する必要がありそうだ。ただ、これは一時的現象で、すぐ8500円超に戻してくるだろう。悪材・不安材料を考えたらきりがないが、配当利回り(11日現在東証1部平均2.33%)やPBR(=株価純資産倍率、同0.88倍)など現在の投資指標をみると売りにくいのも実態だ。

 その一方で、欧州リスクの長期化に加え、米国や中国景気の減速、円の高止まりなどで日本の企業業績は確実に悪化。特に中国経済の失速が深刻化している上、日本製品の不買運動の長期化や中国国内での日本企業の入札締め出しなどを理由にした通期業績計画の下方修正懸念も高まっている。これらの悪材は、株価に相当部分織り込まれアク抜け感からある程度のリバウンドは期待できるものの、上値は追いづらく重い。日経平均では現状8800円台程度までの戻りが限界といえよう。

 来週のスケジュールで、中国に関しては15日の9月CPI(消費者物価指数)/生産者物価、18日の9月鉱工業生産/都市部固定資産投資/小売売上高/7−9月期実質GDP(国内総生産)成長率に注目。2010年以降の成長率は鈍化傾向が続いており、7−9月期は7.4%成長と4−6月期の7.6%成長を下回ると予想されている。

 米経済指標では、15日の9月小売売上高が前月比0.8%増とプラス基調が予想されているものの8月の同0.9%増から鈍化する見込み。17日の9月住宅着工件数は、8月の年率換算75万件を上回る77万件と高水準が見込まれている。続く19日の9月中古住宅販売は年率472万戸予想。1月の直近高値水準を抜いた8月の年率482万戸には及ばないが高水準といえる。市場では18日に発表される9月北米半導体製造装置BBレシオに期待する声がある。ハイテクセクターの2年サイクルの底打ちの可能性を示唆するものとして関心を集めている。

 米決算では、15日シティグループ、16日ジョンソン・エンド・ジョンソン、インテル、ゴールドマン・サックス、17日イーベイ、アメリカン・エキスプレス、バンク・オブ・アメリカ、18日グーグル、マイクロソフト、ベライゾンなど。

 今回はマーケットに大きな影響を与えそうもないが、18−19日にEU(欧州連合)首脳会議が開催される。次回、11月22−23日の会議は要注目。

 物色基調としては、月並みな表現だが内需系の中小型好業績株が中心となろう。輸出系の主力株は手掛けづらいが、既に大きく売り込まれた深押し主力株は、突っ込み買いのタイミングを見計らう時に差し掛かってきたといえる。

こういった形で決算発表も視野に入れながら取引をしていくと共に早目早目の利益確定を行うことでリスクヘッジしていきましょう。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

iPhone5が呼び込んだソフトバンクの高速買収劇

  1. 2012/10/01(月) 22:37:31|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
iPhone5が呼び込んだソフトバンクの高速買収劇

台風一過ということもあって暑い一日でしたがこれからまた秋めいていくことは言うまでもありませんので実りの秋にしていきたいものですね。

さて今日はソフトバンクのニュースをピックアップ!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121001-00000578-san-bus_all

ソフトバンクが1日、イー・アクセスの買収に踏み切ったのは、さきごろ発売した米アップルのスマートフォン(高機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)5」向け高速データ通信「LTE」の周波数(通信容量)の確保だ。2013年3月末までにLTEの基地局を2万局設置する計画では間に合わないと判断し、契約者数に対して充実した周波数を持つイー・モバイルに目をつけた。

 基地局が飽和状態の都心部ではドコモやKDDI並みの電波環境を整備するのは困難だという事情もある。

 孫正義社長は1日の会見で、「3年前から検討していたが、(買収を急いだのは)LTEサービスがきっかけ」と説明したが、一方ではiPhone5発売以降にこの話をまとめたという見方まである。実際に1日の会見でも孫社長はほぼ肯定しているが、”スピード買収”であることは間違いない。

 1・7ギガヘルツ周波数を取り込むことで、「後手に回ったテザリングリング(スマホをパソコンのモデムに利用する機能)でも周波数を確保できる」(孫社長)と判断した。

 また、総務省の周波数再編でドコモ、KDDIとともにイー・アクセスに割り振られた700メガヘルツ周波数も、ソフトバンクにとっては「つながらない」悪評払拭のために有効となった。それどころか、容量も種類も2社分と豊富な電波が一気に手に入った。

 「シナジー効果そのものより、周波数を買った。(株式交換のため)有利子負債もそれほど増えずいい買い物」(調査会社アナリスト)といえそうだ。

こういった形でソフトバンクのスピード感が生かされた買収劇だったのではないかと思っておりますし、今後業界も激変を超えていくのではないかと思っております。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

DTIブログって?